もっともっとお役に立ちたい。新潟市の社会保険労務士 大橋社会保険労務士事務所

ご挨拶

もっともっとお役に立ちたい。
皆さんと一緒に考え、
行動し続けていきたい。

ご挨拶

こんにちは。社会保険労務士の大橋将人と申します。
平成13年に社会保険労務士となって、早いもので16年が経とうとしています。その間、様々な失敗や喜びを繰り返しながら、皆さんのお役に立ちたいと奔走してきました。これからも、『もっともっとお役に立ちたい』をスローガンに頑張っていきたいと思います。
私が社会保険労務士になったのは、私が物心つくころに祖父が自宅で行政書士をしていたことと関係があると思います。祖父が亡くなってからは母がその後を継ぎ、民間企業に勤めていた父も平成12年から中小企業診断士、社会保険労務士として開業しました。そんな環境にあった私は、他の方よりも『士業』がすぐ身近にありましたので、私自身の独立、開業もそれほど抵抗なくすることが出来ました。
しかし開業してからは失敗と困惑の連続で、人一倍失敗したと思います。何せ、一からのスタートですので、何から何まで自分で考えてやっていくしかありませんでした。ただ、顧問先や同業者からの温かなお気持ちに支えられ甘えながら、失敗から多くのことを学び、失敗も含めて楽しみながら仕事を続けることが出来ましたので、仕事の進め方や顧問先、関与先とのやり取りなど、最近になってようやく自分の形が出来てきたかなと思えます。
社会保険労務士は、会社にとって重要なヒト、カネ、モノのうち、ヒトに関する仕事です。会社が発展していくためには、そこで働く人の質ややる気が重要です。どうやって働く人の質、やる気を上げていくか、そのためには会社はどうすればよいのか。これからも皆さんと一緒に考え、行動し続けていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

平成28年10月1日
社会保険労務士 大橋 将人

経歴

昭和50年7月
新潟市東区生まれ
平成13年8月
社会保険労務士登録
平成23年5月
県会理事、新潟支部長
平成24年9月
特定社会保険労務士付記
平成27年5月
県会常任理事(副会長)

業務紹介

安心して働くことができる
環境づくりをサポートいたします。

1
就業規則

イメージ画像

会社と労働者との間での労使トラブルは年々増加の一途をたどっております。労働条件や未払い残業代、有給休暇取得や休職制度、解雇をめぐるトラブル等をできるだけ事前に防止するためには、まず就業規則がなければなりません。
皆さんの会社の従業員が労働基準監督署に飛び込む前に、しっかりとした就業規則を作っておく必要があります。
労働条件をしっかりと定めていない会社は、労働者が不安・不満を感じることとなります。就業規則の中で労働条件や職場規律が明確になりますので、従業員はその労働条件を守ることにより、会社を信頼し安心して働くことができるようになります。
当所では、就業規則の作成・見直しにあたり、まずはお話をお伺いし、現状の把握・分析から始めます。そして、それぞれのお客様のご要望に合った「オーダーメイド」をご提供いたしておりますので、お気軽にご相談ください。

2
労使関係改善、トラブル防止

イメージ画像

最近、労働者と使用者の間のトラブルが増えています。トラブルは、一度起きてしまうと、その解決に不毛な労力と時間を費やさなければなりません。しかも、そのトラブルの影響が他の労働者にも伝染し、会社全体のモチベーション、生産性、作業効率の低下を招くこともあります。そうなっては会社の業績の悪化は免れません。トラブルにならないようにするためには、会社側が法律をきちんと守ること、働いてもらっているという気持ちを持つことが重要です。会社が法律を守っていないと、労働者は会社を尊敬せず、侮り、なめます。なめられることにより、トラブルの種や、労働者の不満増加につながるのです。なめられないために、特に次のことに注意が必要です。

  • 「残業代込み。」と言ってあるが、書面で明示していないし、金額も不明だ。
  • 年俸制なので、残業代を払っていない。
  • 「営業だから。」という理由で残業代を払っていない。
  • 建設業などで、現場への往復時間を労働時間に入れていない。
  • 「代休」や「振替休日」を与えているから残業代は払っていない。
  • 出勤簿にはんこを押しているだけで、始業終業時間の記録が無い。
  • 解雇をするとき、「明日から来なくていい。」といっている。
  • 解雇にすると面倒なので、労働者に無理やり辞表を書かせている。
  • 何の説明もなしに急に賃金を下げたり、労働日数を短くしたりする。
  • 有休を与えていない。
  • 休憩時間は決まっているが、実際は電話番をさせていたり、荷待ちをしたりしている。
  • 毎月80時間以上の残業をしている。または、何時間残業しているか分からない。
  • 社長や上司が労働者の人格を否定するようなことを言う(パワハラ)。
  • 会社側がすぐ感情的になる、大声を出す。
  • 「働かせてやってる。」という態度をとる。
  • 労働者にはあいさつをさせるが、会社側からはあいさつをしない。

労働者から信用されない会社が、お客さん、取引先から信用されるはずはありません。 社内の規則をきちんと整え、堂々と労働者に明示することにより、会社と労働者の風通しをよくし、モチベーションアップ、信頼向上につながります!!

3
労働・社会保険の手続き業務

イメージ画像
  • 入社、退社に関する手続き(雇用保険、社会保険)
  • 毎年の労働保険、社会保険の手続き(年度更新、算定基礎)
  • 賞与支払、昇給時などの、その都度の手続き(雇用保険、社会保険)
  • 傷病手当金、労災などの、病気、ケガに関する手続き(労災保険、雇用保険、社会保険)

事務所概要

屋号 大橋社会保険労務士事務所
代表者 大橋 将人
新潟県社会保険労務士会会員 登録番号15010020号
所在地 〒950-0944 新潟市中央区愛宕1丁目3番地4
連絡先 電話:025-384-4438
FAX:025-281-6281
E-mail:
関連事務所 新潟中央会計税理士法人 いばら司法書士行政書士事務所 大橋行政書士事務所 大橋総合コンサルタント

アクセスマップ

下記の青い看板が目印です。

事業所看板 事業所外観